読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルバム「smart」のすゝめ

 


みんな!Hey!Say!JUMPのアルバム「smart」を聞いてくれ!
最近JUMPを知った方、自担の先輩・後輩グループとしてJUMPを認知している方、などなど、多くの人に今だからこそこのアルバムを聞いて欲しいんです、、、

そもそも、最近JUMPを好きになった方達はアルバム「JUMPingCAR」「Dear.」などはマスター済みだと思います。また、他G担の方も何となくJUMPの雰囲気だったり、メンバー数人は把握してると思います(要するに世間一般よりはJUMPのことを知ってると言いたい)。そんな方々に次のステップとして「smart」をオススメしたいんです!なぜなら、「JUMP No1」は今と声が違ったり(声変わり後とはいえ7ちゃんはやっぱり声が高い)人数が違ったりして割とハードルが高いと思います。また「JUMP WORLD」は今とパート割の構成が異なり、担当様の声が聞こえないなんてことがあります(実は学校の新規伊野尾担にDVDを貸したところ伊野尾さんが写ってないじゃないかと言われたことがありまして…私に言われてもどうにもできない…)。その点「smart」はほぼ全曲に全員のソロパートがあり、アルバムユニットもある(初めてユニットを作ったアルバム)なので、誰担でも楽しめる、、、はずです!そんな「smart」の魅力を数点紹介します!

 


【メンバー制作曲が多い】
最近のJUMPのアルバムはメンバー制作曲が少ないのですが、smartは制作曲が多いんです!どれもファン人気が高い神曲なんです!

「切なさ、ひきかえに」
薮くん作詞。薮くんはJUMP曲やBEST曲の歌詞を多く手がけているんですが、個人的No1はこの曲ナンデス!切ないというか、歌詞にもあるように「強く 優しく 儚く 脆い」というのがこの曲のイメージだと思います。歌詞は、アイドルを想うヲタの気持ちにも重ねられるところがあり、さらに女性的な言葉遣いなので共感度高いのではないでしょうか。

「candle」
山田くん作詞。ざっくり説明すると元恋人が結婚するっていう曲です(笑)。相変わらずの激重バラードです。タイトルの”キャンドル”は作詞が行き詰まった時にキャンドルを焚いて眺めていたことからきています。あと、キャンドル以外の横文字は出てこないっていうのもどこかの媒体で話に出てきた気がします。なんか山田さんらしいですよね(バカにしてないです!!!!!)

「コンパスローズ」
光くん作詞。夏っぽい爽やかなメロディーに乗せて、「門限」「カモメ」「なんとなく」「ユラリユレル」など光くんらしい遊び心のある歌詞が楽しい一曲。青春×海っていうワ○ピースっぽい雰囲気、絶対にクセになります。

「Come Back…?」
光くん作詞作曲。イントロは光くんがずっとピアノで弾いていたフレーズなんだとか。歌詞の不思議な世界観というか言い回しがまさに八乙女光ワールド。浅く考えると、”彼女に騙され続ける男かと思いきや、そんな彼女を騙して操り続ける男”というストーリーなのですが、深くも考えられますし…難しい…。
「鈍」「廃」「奇」「美」「乱」でDon't Stop Give Me Loveと読んだりするところ真剣(マジ)テクニシャン。

「RELOAD」
有岡くん作詞。DJを嗜むなど音楽センスが高い彼は、元々編曲を担当していたのですが「桜、咲いたよ」のrap詞を担当して以来、作詞も挑戦してみたいということでできた曲。最初は歌詞がほとんど英語だったのを直してできた曲なんだとか。一目惚れをした相手に音楽に合わせて踊りながら気持ちを伝えるのはコンサートのようだと言う大ちゃん爆モテすぎる。

 

 

【シングル曲がよい】
「Come On A My House」
記念すべき10枚目のシングル。みんな知ってるカレーの曲です。また担降り促進ソングとも呼ばれております。「きっと僕の方がきっと君のことを彼より笑顔にできるから」「本当は誰が好きなの」って言われたくないですか他G担さん⁉︎⁉︎あと、初めて聞くアルバムに知ってる曲があると落ち着くよねーって話。

「Ride With Me」
祝!全員20代突入!第二のデビュー曲とも言われるこの曲からJUMPの売り方がガラッと変わる、本当に節目の曲です。音楽番組での揃ったダンスに惚れた方は多いはず。「ボクらの時代なんだ」「今すぐにRide With Me」(意訳:これからはJUMPの時代なんだよ、ついてこれる?)というメッセージ性の強い歌詞が印象的です。またこの曲からソロパートが全員分あるんです!

「Aino Arika」
オーケストラをバックに全員お揃いの赤いスーツを身にまとったJUMPが一糸乱れぬダンスを披露する…。美しさの極みです。メロディーもピアノで弾いたりするとアイドルソングとは思えないくらい重厚感があって、歌詞も言葉が綺麗なんですよね。ちなみにrap詞は光くん作詞です。

 

 

【特典がよい】
初回限定盤1には楽曲解説インタビューとレコーディング映像。JUMPingCARにも座談会で楽曲について話していたり、レコーディング映像の特典がありました。が、しかし、なんてったって「smart」はメンバー作詞曲の宝庫!山田さんの作詞風景を見守ってきた圭人くん知念くんの話や、八乙女さんの言葉のセレクトを褒める薮様、カムバの作曲秘話など裏話が仲良しのメンバーから聞けるって面白い!あと、JUMPってこんなにクリエイティブな面を持っているんだって気づかされます。

初回限定盤2の特典は「FOREVER」「切なさ、ひきかえに」のPV。PVと言っても2曲が初披露された”LiVE with me in TOKYO DOME”のコンサート映像。コンサートDVD買うのは初心者にとってちょっとハードルが高いけど、これなら気軽に雰囲気が味わえます。これで興味を持ったら是非コンサートDVD「smart」をどうぞ!アルバムを引っさげた(?)ツアーの横アリ公演の映像と、LiVE with meのダイジェスト、初回にはソロアングルっていうやつがあるよー。

通常盤 初回プレス仕様には3人×3組のユニット曲とJUMP曲が2曲。グーチョキパーで別れましょっ!で出来たユニットについて軽く説明すると…
怪盗y-ELLOW-voice(山田 高木 八乙女)
ユニット名について、yは3人の共通イニシャル。イエローボイス=黄色い歓声を盗むっていう意味。ELLOWはエロとかけてます。

ナイトスタイルピーポー(知念 中島 薮)
ユニット名は夜型人間の意味(3人とも夜型人間だから)。並ぶと身長差が可愛い。←こんな感じ。

愛追I隊(岡本 有岡 伊野尾)
A有岡 I伊野尾 O岡本→あいお(い)隊。Iは愛が隠れてるっていう意味らしいっす。ツアー中は鬼プロデューサー八乙女さんプロデュースのアイドルお披露目会っていう裏設定で本人たちはやってたらしいっす。この曲のせい(お陰で)C&Rが収録された曲が増えました…

 

 

「smart」とってもいいアルバムなので是非!!!!!

 

smart【初回限定盤2】(DVD付)

smart【初回限定盤1】(DVD付)

smart【通常盤】